No Nature No Life ~来た時よりも美しく~

自然と旅が好き。来た時よりも美しく!主に野営情報、アウトドア情報を発信していきます。日本単独野営協会所属。

MENU

我が家のテントたちはコレです。

キャンプに行く様になって六年くらいがだっただろう。 最初は車中泊に始まり、石川県から神奈川県に引っ越してからは親しい友人が、キャンプ好きって事で家族くるみでキャンプに行く様になってからが始まりだった気がします。 色んなキャンプをやる様になって、緊急事態宣言の影響で県を越えられない時などもあり、デイキャンプもする様になりました。 そんな経緯もあり、我が家には現在四つのテントがあります⛺️

それぞれ役割があって、使い分けているのでご紹介したいと思います!

ソロキャンプ自転車用

f:id:jokuaku7:20211128183630j:plain f:id:jokuaku7:20211128183625j:plain f:id:jokuaku7:20211130173555j:plain

アルペンのソロテントです。

義理の弟がフェスで使っていた奴を貰い受けました。

凄くコンパクトで軽量、古いので今ではもう販売していないかも知れませんが、重宝しています。

主に自転車キャンプ用で、ハンドルの間に装着してます。

日除けが無いのが難点。夏の日中は辛い😓

家族キャンプ用 コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス

こちらは家族キャンプ用テントです。 コールマンラウンドスクリーン2ルームハウス。 こちらもキャンプ引退された先輩から譲り受けたものです。

スチールポールなので結構重たいですが、ツールームテントはやっぱり快適です!

家族の冬キャンプはタープにスノーピークの石油ストーブで雰囲気満点🍀

おでんなんか🍢最高ですね!

●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm)
●定員:4~5人用
●使用時サイズ:約320×230×170(h)cm(インナーテント)
●収納時サイズ:約φ28×82cm
●重量:約20kg
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール) ポール/(ルーフ)FRP 約φ12.5mm×2 (レッグ)スチール 約φ19mm×4 (サイド、サイドルーフ)FRP 約φ11mm×4 (テントメイン)FRP 約φ12.5mm×2(キャノピー)スチール 約φ19mm×2、長さ 約180cm
●仕様:キャノピー、前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:キャノピ-ポール、ペグ、ロープ、ハンマー、 キャリーバッグ

f:id:jokuaku7:20211130173028j:plain f:id:jokuaku7:20211130173003j:plain

デイキャンプ、2人用 コールマン(Coleman) シェード スクリーンIGシェード

こちらは主に子供と2人で行く時か、公園のデイキャンプで使用しています。

キャンプの時はタープも一緒に持っていきます。

シングルウォールなので寒くなると結露しますが、設営が楽な事と、携帯性が良いので使い勝手良い

商品説明 風に強いクロスポール構造で、防虫技術のテクノロジーブランドOlytecメッシュを採用。
●耐水圧:約500mm(フロア:1,500mm)
●定員:3~4人
●重量:約3kg
●使用時サイズ:約210×180×120(h)cm
●収納時サイズ:約φ15×60cm
●材質:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水)、フロアシート/ポリエチレン、フレーム/FRP約φ9.5mm

f:id:jokuaku7:20211130172939j:plain

我が家最新のテント、ハイランダークロシェト

待望のパップテントです!ソロでゆっくりする為に買いました、俺専用テント!

A型ポールで設営も楽々、この冬は絶対もう一度張りたいテントです🍀

コロナでキャンプブームですが、早く落ち着いてくれたら良いな。

静かにキャンプしたいアラフィフでした😄

真夏の大冒険!平尾台 〜千仏鍾乳洞〜

北九州に住んでいたときには行かなかったけど、とあるCMで流れていたので、帰省したときに家族で寄りました。

たどり着くまでの道のりも山を抜けていく感じが冒険心をくすぐります。

 千仏鍾乳洞は、昭和10年、国の天然記念物に指定された由緒ある大鍾乳洞。

幾千万年の永きに渡り、カルスト台地の雨水によってつくられたものです。

 洞内は四季を通じて気温16度、水温14度で、夏は極めて涼しく、冬は暖かだそうです。

照明設備は入口より900mまであり、子供も安全に進むことができます。

480mから先は地下の小川の中をジャブジャブ歩いて探検気分が味わえ、「楽しかった~」と大人気の体験型鍾乳洞です!

 

f:id:jokuaku7:20211130171437j:plain

夏の暑い時に行ったのですが、鍾乳洞の中に入ると冷んやりとします。

f:id:jokuaku7:20211130171825j:plain

天然記念物!鍾乳洞の全体図と各ポイントの名称が看板に書かれています。 入場料を払ってさっそく中へ! 靴は濡れるので貸し草履があります。

f:id:jokuaku7:20211130171807j:plain

どんどん進んでいくと、インディーズジョーンズの世界に入り込んだ気持ちになってきてテンションも、アップ!

f:id:jokuaku7:20211130171703j:plain

水はとても綺麗です。子供たちは大喜びで進んでいきます! f:id:jokuaku7:20211130171749j:plain

途中でこの様な名称の鍾乳石もあります…

変な意味じゃない事はわかりますが、別の名前もあったんじゃないかな(^_^;)

ま、嫌いではないですけどね!

f:id:jokuaku7:20211130171725j:plain

● 車をご利用の方 小倉南ICより約20分 駐車場 100台 無料 (営業時間終了後、閉門します)

● JRをご利用の方 小倉駅より日田彦山線石原町駅へ約30分 石原町駅前より、タクシーで約20分

住所 〒803-0180 北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号

電話&FAX
電話 093-451-0368    
FAX 093-451-0653

定休日   なし

営業時間 平日: 9:00 ~ 17:00
土・日・祝日: 9:00 ~ 18:00

※ 但し、秋・冬季は日没まで/入洞受付は営業終了時間の30分前まで(冬季の入洞受付は、平日、土・日・祝日に関わらず16時15分で)

入洞料金
大人: 900円
中学生: 600円
小学生: 500円
幼児(4歳以上): 200円

お気に入りキャンプギア①コンパクトで便利。お勧め焚き火台。

今私はコンパクトキャンプにハマっています。

なんといっても、ソロキャンプでたくさんアイテムを持って行くと車の荷積荷下ろし、設営/片付けが面倒くさい。

時には現地で物が無くなる事も…

自転車でキャンプに行ける様に更なるコンパクト化が必要になる。

コンパクトで軽量かつ設営簡単な焚き火はないものかと物色していたところ、こちらを発見!

お値段もお手頃、早速ポチしました。

f:id:jokuaku7:20211111202453j:plain


北海道キャンピングカーの旅でも持っていける携帯性の良さ!

もちろん先日の自転車キャンプでも持って行きました。

こんなに小さくなります。(500mlペットボトルと比較)

f:id:jokuaku7:20211111153821j:plain

予備シートもついて満足です。

設営に少しコツが要りますが慣れれば簡単。

小学5年の息子が何も教えてなくても自分1人で組み立ててました。

f:id:jokuaku7:20211111153649j:plain f:id:jokuaku7:20211111153643j:plain

壊れてもまたこれを買おうと思います!

思い出のパン屋さん②【パン・ド・ファンファーレ】@石川県金沢市

石川県に住んでいた時、ひたすらに通っていたパン屋さんです。

f:id:jokuaku7:20211110104619j:plain

オリジナリティのあるパンがたくさんあり、毎回行くのが楽しみになります。

f:id:jokuaku7:20211110104628j:plain

特にどハマりしたのが、【じゃが】。

f:id:jokuaku7:20211110104607j:plain f:id:jokuaku7:20211110104612j:plain

一見カレーパンの様な見た目ですが、中身はコロッケ。コロッケをそのまま食べている様な、しかしパンもしっかりある、それでいてめちゃくちゃ美味い!

また、石川県に行った時は必ず行きたいと思います。

思い出のパン屋さん①【麦藁】@小田原

思い出のパン屋さん第一号は箱根旅行帰りに行った帰りに寄った小田原のパン屋さん。

商店街の一画に佇む可愛らしいパン屋さんです。

ふわふわ、もっちり系で派手さはまったくないのですが、素朴でものすごく美味しいです。

最近定休日が変わり、日月火祝となったそうです。行く前に電話で確認をお勧めします。 (私の旅の計画でよく地元のパン屋さんによるのですが、到着したら定休日という事があるので(-。-;)

f:id:jokuaku7:20211109172741j:plain

地元のお母さん達でやられている様で、とても優しさが溢れたお店でした。

パンもとても美味しい!おやきのパンを買ったのを覚えています。

f:id:jokuaku7:20211109173807j:plain

近くの海に行って食べた時に当時9歳の娘が言った言葉が忘れられません。

「作った人が優しいとパンの味も優しくなるんだね」

〒250-0012 神奈川県小田原市本町3丁目6−5

来た時よりも美しく!無料野営地④埼玉県巾着田曼珠沙華公園

埼玉県にある巾着田曼珠沙華公園です。

f:id:jokuaku7:20211109081652j:plain

〒350-1251 埼玉県日高市高麗本郷125−2
駐車場:500円/日

一度入って出るとまた駐車場代取られます。

現在はコロナの影響でキャンプは当分禁止となっている様です。デイキャンプなら可能の様です。詳細は下記のホームページから確認してください。

設備環境は整っており、洗い場も広く、トイレもとても綺麗です。

f:id:jokuaku7:20211109074327j:plain f:id:jokuaku7:20211109074330j:plain

日高市の管理事務所により管理されています。ホームページにもあります通り、くれぐれも直火やゴミの放置などしない様にお願い致します。

河原はゴロタ石が多くマットは必須です。 テントの貼りやすい場所は土手側の木陰が有るところが人気の様です。

f:id:jokuaku7:20211109074242j:plain

河原では水遊びが出来ます。生き物もたくさんいるので子供達は凄く楽しめると思います!

デイキャンプの人達も多いので、先に近くの温泉に入り、買い物をしてからデイキャンプの方達が帰る17時前に到着するのが私の作戦です。

f:id:jokuaku7:20211109080524j:plain

近所にはアクティビティも多く、キャンプ→日和田山登山→温泉→というプランも楽しめそうです。 f:id:jokuaku7:20211109080322j:plain f:id:jokuaku7:20211109080326j:plain

まだ先かも知れませんが、またキャンプ地として開放されたら是非訪れたい場所です。

マナーを守って気持ちの良いキャンプライフを過ごしましょう。

来た時よりも美しく!無料野営地③和田長浜海水浴場

f:id:jokuaku7:20211103205500j:plain

最近自転車キャンプでチャレンジした野営地、横須賀三浦市にある和田長浜海水浴場です。 駐車場は地元漁協の方によって管理されており、土日と海水浴シーズンは駐車場代1500円/日になります。オフシーズンは無料の様です。 最近インターネット情報により、他県からのキャンパーも増えている様です。キャンプ場では有りませんのでお間違えなく。

今まではずっと三戸浜海岸に行っていましたが、キャンパーのマナーの悪さから利用禁止となってしまいました。

磯遊びや散歩、富士山を見ながら夕日を拝める貴重な場所です。

くれぐれも直火やゴミの放置などしない様にお願い致します。

トイレは仮設トイレが隣接している駐車場の奥に有ります。

砂浜と海と青い空、最高です!

f:id:jokuaku7:20211103205456j:plain

焚き火は焚き火台を利用し、燃えカスや灰は必ず持ち帰りましょう。

f:id:jokuaku7:20211103205448j:plain

夜はひょっこりタヌキなどのお客さんがやってきます。食べ物などはしっかりテントにしまいましょう。

f:id:jokuaku7:20211103205445j:plain

マナーを守って気持ちの良いキャンプライフを過ごしましょう。